Friday, April 13, 2018

Opening for Student Positions

We are recruiting graduate (masters and PhD) and exchange students with scientific enthusiasm.  The students are expected to work for optical coherence tomography and microscopy. And the students will be fully or partially monetarily-supported. See the flyer for details. And contact Yasuno (yasuno@optlab2.bk.tsukuba.ac.jp)!

Links
Flyer for student recruit [PDF].

Tuesday, February 27, 2018

Publication: Eye-motion-corrected OCT angiography

Yiwei Chen recently reported our new results about a motion-free and non-invasive angiography method for living human eye. This method is based on OCT angiography (OCT-A) with newly designed special scanning pattern. The usage of Lissajous scan pattern is the key to achieve motion-free OCT-A. However, standard Lissajous scan is not compatible with OCT-A detection. So, Yiwei modified it to scan the same position on a tissue multiple times and enabled blood flow detection by OCT-A.  He further developed motion estimation and correction algorithms, successfully removed image distortion due to eye movements.

The details are reported in Biomedical Optics Express.

>>  Full length article (Open access)

Yiwei Chen, Young-Joo Hong, Shuichi Makita, and Yoshiaki Yasuno, ``Eye-motion-corrected optical coherence tomography angiography using Lissajous scanning,'' Biomed. Opt. Express 9, 1111-1129 (2018).


Yiwei Chen  研究員が私たちの最新の研究である「モーションフリー眼底血管イメージング手法」に関する論文を発表しました。これは、リサージュと呼ばれる連続曲線パターンで網膜を走査することで眼の動きによる画像の歪みを補正しながら、OCT造影(OCTA)と呼ばれる手法で眼底の血流を可視化する技術です。
 以前の研究で私たちは、リサージュ走査を用いた画像の歪みのない三次元眼底形状の撮影に成功していました。しかし、このリサージュ走査は OCTA と組み合わせることのできない操作方法でした。今回 Yiwei はリサージュ曲線の一部を、スキャンの連続性を維持しながら繰返すことで、OCTAで利用可能にしました。この技術を使うことで、眼球運動による歪みのない眼底血管分布を可視化することが可能になりました。

この研究の詳細はアメリカ光学会の論文誌 Biomedical Optics Express に掲載されました。

>>  Full length article (Open access)

Yiwei Chen, Young-Joo Hong, Shuichi Makita, and Yoshiaki Yasuno, "Eye-motion-corrected optical coherence tomography angiography using Lissajous scanning," Biomed. Opt. Express 9, 1111-1129 (2018) 

Tuesday, December 19, 2017

2017年度 応用物理特論 資料

筑波大学の講義「応用物理特論」(2017年度)で私たちのグループの研究室紹介を行いました。筑波大の学生さんだけでなく、私たちの研究に興味のある方のために資料を公開します。さらに興味のある方は RESEARCH ページと合わせて御覧ください。

>> 資料 PDF (6 MB)



Tuesday, December 12, 2017

東神之介君がOPJ優秀講演賞を受賞しました!

当研究室の東神之介君が、11月に開催されたOptics & Photonics Japan(OPJ 日本光学会年次講演会)第3回OPJ優秀講演賞を受賞しました。

東君は昨年の卒業研究で眼底検査用 Jones 行列OCTを開発し、今年4月の修士課程進学後は眼底Jones 行列OCTで得られる情報を用いた医療画像処理アルゴリズムの研究をしています。今回の受賞はその中でも眼底黄斑部の病変を可視化する画像処理手法に対するものでした。

東君にとって初めての学会発表での受賞となります。現在、東君はこの成果を英文論文として取りまとめています。東君の今後のさらなる活躍に期待しています!

受賞対象演題: "Macular analysis by multi-contrast segmentation of retinal pigment epithelium and choroid by Jones-matrix OCT"
>> 学会アナウンスサイト

偏光OCTレビューがトップダウンロードに選出されました

当研究グループの安野がウィーン医科大学の Christoph Hitzenberger 先生、アムステルダム自由大学の Johannes de Boer 先生と共同で執筆した論文 "Polarization sensitive optical coherence tomography - a review" が Biomedical Optics Express の最近一年で最もダウンロードされたOCT論文トップ 20 に選ばれました。Biomedical Optics Express はアメリカ光学会(OSA)の出版する論文誌であり、私たちの研究する生体光学のトップジャーナルの一つです。

この論文は私たちの研究グループが長年研究を続けている偏光感受型OCTの技術と医療応用を総覧する論文であり、これを読むだけでこの分野のことは一通り理解できるように書かれています。

簡単な論文の紹介と論文ウェイブサイトへのリンクは以前の記事にまとめられています。

Friday, November 10, 2017

Update: 私たちの研究

私たちの行っている研究を解説したページ "Research"  に2つのセクションを加えました。

  • Step 2. Our vision and project
  • Step 3. Further reading
です。Step 2. では今まさに私達が取り組んでいる研究プロジェクトについて解説しています。また、Step 3. では、さらに私たちの研究分野について勉強したい方のために教科書、論文を紹介しています。

ぜひ一度のぞいてみてください。

安野嘉晃

Friday, November 3, 2017

筑波大学 学園祭「学生プレゼンバトル」に安野が参加します

 2017年11月4日、筑波大学の学園祭(雙峰祭)の二日目に開催される「学生プレゼンバトル」企画で当研究のグループ・リーダーの安野が特別プレゼンテーションを行います。

学生プレゼンバトルとは、学群生や院生が自らの専攻している学問または研究の魅力を、 一般の聴衆に対してわかりやすく伝えるスキルを競う企画です。今回安野には、「そもそも研究活動ってどういうことなの?」という内容で、企画を主催する学生の方から依頼がありました。(ありがとうございます。)


ご興味のある方、学園祭にいらっしゃる予定の方、その他気になる方は、ぜひ、お越しください。


日時 :2017年11月4日 
    14:30~17:30(安野は16:15から特別プレゼンテーションを行います)
場所 : 大学会館3階ホール
テーマ:「社会の中の研究」
詳細は学生プレゼンバトルの web-site を御覧ください。

関連URL
雙峰祭 https://www.sohosai.tsukuba.ac.jp/(2017年11月3日~5日)
学生プレゼンバトル2017 http://tgn.official.jp/gpb2017/

追記: プレゼンスライド
プレゼンで使用したスライド(PDF)を公開します。プレゼンを見られなかった方、プレゼンの最後にでた「宿題」について考えたい方。ぜひダウンロードしてみてください。
>> スライド (PDF)